後遺障害がある場合

交通事故は簡単に怪我が完治しないことが多いです。後から様々な症状が再発することもあります。
よく事故などの被害者が後遺症で悩まされることがあります。この後遺症は怪我などが治ってもその他の機能障害や神経症状などの症状や障害があることを後遺症と言います。外科的な怪我は治ったとしても機能障害や神経症状などの症状や障害に悩まされている人は多いです。

このような症状の後遺症とは別に交通事故の被害者の人は「後遺障害」という言葉と向き合っていかなければいけません。後遺障害とは交通事故で負ってしまった肉体的、精神的な障害がいつまで経っても回復する見込みがない状態となって、その症状が固定されてその固定された症状と事故との因果関係が認められたときに、医学的に認められて被害者の生活能力や労働能力が低下してしまう可能性があった場合自賠法施行令の等級に該当すれば後遺障害が認定されます。

後遺症と言われる症状も広範囲なので、その中で上記の条件を満たしたものだけが後遺障害と認定されて、それぞれの症状に応じて等級があり、その等級の範囲内で損害賠償を請求することができます。将来後遺症に悩まされないためにも、自分が後遺障害に該当しないか弁護士と相談をして判断してもらうようにしてください。